金持ち父さん貧乏父さんのあらすじ

「金持ち父さん貧乏父さん」は世界中で今も読まれているお金の哲学書になります。昔から当たり前のように使っていたお金の上手な使い方や、お金の流れを読むコツなどが紹介されています。また、不労所得の大切さやラットレースから抜け出す方法も記載されていますので、今の生活を変えたいという方にもおすすめです。


この本は、著者の実の父である貧乏父さんと、友人の父親である金持ち父さんのお金や投資に対する価値観の対比を物語に組み込んで話が進んでいきます。例えば、貧乏父さんが「頭のいい人間になる」のが素晴らしいというのに対して、金持ち父さんは「頭のいい人間を雇う」方法を学ぶべきだといいます。


このような2人の考え方の違いから、筆者はお金に対する技術を身に付けます。お金のために働くのではなく、お金は作り出すものだということを知らない人が多いということを言い、お金に関する知性を身に付けるべきだと説いています。


このような内容は、本を読めば理解できます。しかし、それだけで終わらせるのではなく、現実社会で「金持ち父さん」になるためにはどうするか考えなければなりません。金持ち父さんに少しでも近づけるようにと、当サイトを作りました。また、金持ち父さんになるための秘訣が詰まったこちらのサイトも併せてご利用ください。

おすすめサイト:ロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さんの教えを実践について


金持ち父さん貧乏父さんのあらすじ